PLUP > SOSEXY > SOSEXY / Vol.4 > 『SOSEXY』創刊記念イベント開催!ゲストに熊田曜子、磯山さやか、吉木りさ、レスリー・キー

Line

twitter

category

キャスト関連情報

Array
(
    [0] => 17
    [1] => 19
)
,17,19

『SOSEXY』創刊記念イベント開催!ゲストに熊田曜子、磯山さやか、吉木りさ、レスリー・キー

2012/01/25
20120118sosexy_guest3

 

新雑誌『SOSEXY(ソーセクシー)』の創刊記念イベントを、2012年1月18日、東京・ベルサール六本木にて開催いたしました!

昨年夏に創刊した『IQUEEN(アイクイーン)』『aBUTTON(エーボタン)』に続くPLUP SERIES第三弾『SOSEXY』は、“女性のカッコイイSEXYを追求するビジュアルマガジン”をコンセプトに、PlayStation®3のPlayStation®Storeで配信されるデジタル版と雑誌版の二つの軸を横断して展開いたします。今回の記念イベントは、そのデジタル版創刊号でキャストを務める熊田曜子さんをはじめ、磯山さやかさん、吉木りささん、フォトグラファーのレスリー・キーさんをお迎えしました。

 

まず弊社取締役/プロデューサー森卓也より、これまでのPLUP SERIESの説明、および最新刊の紹介を行いました。『IQUEEN』は、Vol.5仲里依紗さん(雑誌版1月24日、デジタル版1月26日発売)、Vol.6木村カエラさん(雑誌版2月29日、デジタル版2~3月発売)。『aBUTTON』は、Vol.5山本舞香さん(雑誌版発売中、デジタル版1月26日発売)、Vol.6逢沢りなさん(雑誌版2月3日、デジタル版2月発売)をキャスティングしています。

 

続いて『SOSEXY』編集長・宮本和英から『SOSEXY』創刊にあたっての見所の紹介を行いました。創刊号(デジタル版1月19日配信開始)は、“DREAM SCOPE”をテーマにした熊田曜子×レスリー・キーのフォトセッション。宮本編集長は「熊田さんの白くて美しい肌をまずは見てほしい」と自信を持って推薦。デジタル版の特質である“Z軸のページネーション”についても映像を流しながら説明を行いました。

 

「せっかく電子書籍=デジタル版をやるのだから紙ではできないことをやりたいと考えていました。画面の縦軸・横軸をX軸・Y軸と呼ぶらしいんですが、もう一つ画面の奥行き=Z軸を発見してから、写真集の具体的なイメージがわいてきました。写真をズームしていくと、あるポイントで次の写真が現れ、どんどん奥へと進んでいく感覚。これは紙の写真集ではできない体験です」(宮本)。

 

その後、レスリーさん、熊田さん、磯山さん、吉木さんが壇上に立ち、撮影時のエピソードを披露して下さいました。吉木さんはこれから撮影だったので、撮影を終えた熊田さんと磯山さんからのアドバイスなども。「レスリーさんの写真はいつも雑誌等で拝見させて頂いていました。撮影はスムーズだったんですが、納得いくまで時間をかけて撮って頂いた写真もあります」(熊田)。「私は自分の体は丸み、曲線が特徴だと思っているので、そこに注目して頂けたらと思います」(磯山)。

 

最後はフォトセッションと囲み取材(既にテレビでご覧になった方もいるかもしれません)。すべてのプログラムが終了したのは開始から一時間半。PLUP SERIES、そして新シリーズ『SOSEXY』の魅力を少しでも皆様にお伝えできていれば幸いです。最後に、会場にお集まりいただいた多くの報道関係者の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

 

なお、以下にて当日のイベントの模様を動画でもご覧いただけます。Part1は弊社プロデューサー森からのラインナップ紹介、Part2は『SOSEXY』編集長・宮本和英による創刊プレゼンテーション、Part3は、レスリーさん、熊田さん、磯山さん、吉木さん、宮本編集長によるトークセッションです。

■SOSEXY創刊記念イベント Part1

 

■SOSEXY創刊記念イベント Part2

 

■SOSEXY創刊記念イベント Part3