PLUP > IQUEEN > IQUEEN / Vol.1 > 特別寄稿:大型ディスプレイが映し出す、極近未来

Line

twitter

category

キャスト関連情報

Array
(
    [0] => 17
    [1] => 19
)
,17,19

特別寄稿:大型ディスプレイが映し出す、極近未来

2011/07/25
digital-iq1
(画像:IQUEEN Vol.1 長澤まさみ デジタル版)

 
とにかく高鮮明。画像クオリティが4Kというのだから、人間の網膜を超える勢いの画像が、大型液晶モニター全面に映し出される。PlayStation®3の能力についてはウワサには聞いていたけれど、こんなに凄いのかというのを実感した。『長澤まさみ』ご本人もここまでアップにされるとは思ってなかったんじゃないかと思うほどだ。大げさに言うと毛穴まで見えてしまうという感じ。そのうえ3Dにも対応しているというのだから、ちょっとこれまでにないリアリティがある。コントローラーを操り、ゲームのような感覚で画像を拡大縮小してみるというのも新鮮だ。

50型前後の大型液晶テレビがなかば常識化してくると、映像を見ていない時間やゲームをしていない時に、つまり電源OFFの時の大型テレビは巨大な黒い窓が部屋の中に出現したんじゃないかというほど、目障りな存在と言えなくもない。そんな時に、このクオリティの映像が流れていてもいいじゃないかと思った。

ただ単に画像の素晴らしさだけでなく、今後はもっとPlayStation®3というデヴァイスの特性を生かしたコンテンツが生ま
れてくることを期待したい。同時に発売される写真集とリンケージした何かとか…

いずれにせよ、ビデオ、ゲーム、ネットと多様化する映像環境の中で、また新しい可能性が生まれたことには間違いないだろう。

長崎義紹
Paragraph代表。UNIQLOCK、ANA Virtual airport、McDonaldなど、数多くの企業のWEBコミュニケーションプランを企画ディレクション。また現在ではCondé Nast Japanから発行されたWIREDの日本版編集長も務める。

 

「PlayStation」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。「PlayView」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。またPlayStation®3は同社の商品です。

relatedarticle